日本触媒は小動き、第1四半期大幅減収益も姫路工場再稼働で通期は増益見込む

 日本触媒<4114.T>は小動き。6日取引終了後に発表した今14年3月期の第1四半期(4月1日~6月30日)決算は22.8%減収、営業70.2%の大幅減益になったことで、反落スタートになったが、売り一巡後は買い戻され一時プラスに浮上する場面もあった。第1四半期はセグメント間で増減はあるものの、概ね計画通りに推移しているとしており、事故を起こし停止していた姫路工場が再稼働することから、通期の売上高は前期比11.3%増の3000億円、営業利益49.5%増の150億円と期初予想を据え置いている。

日本触媒の株価は10時13分現在1065円(▼3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)