トヨタなど自動車株が軟調、1ドル=97円台前半の円高を嫌気

 トヨタ自動車<7203.T>、ホンダ<7267.T>など自動車株が軟調。為替市場で1ドル=97円10~20銭と急激に円高が進行、これを受けて輸出採算悪化の思惑を嫌気した売りが優勢となっている。自動車業界は北米での自動車需要の回復などを背景に世界販売台数の増加が追い風材料となっているが、今後の見通しとして新興国の需要鈍化などを懸念する動きも一部にあるようだ。

トヨタの株価は10時18分現在6280円(▼100円)
ホンダの株価は10時18分現在3750円(▼45円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)