住友大阪が大幅高、第1四半期好調で増額修正期待膨らむ

 住友大阪セメント<5232.T>は大幅高。株価は一時、前日比18円高の345円まで買われた。6日発表の2014年3月期第1四半期(4~6月)決算は、連結経常利益が前年同期比78.4%増の41億6500万円と大幅増益を達成したことが好感された。主力のセメントは震災復興需要に加え政府の緊急経済対策で官公需が増加した。マンション向けの需要も堅調だった。また、燃料の石炭価格が低下したことも収益の押し上げ要因に働いた。業績予想は据え置かれたが、第2四半期見通しに対する経常利益ベースの進捗率は71%に達しており、今後の増額修正期待も高まっている。

住友大阪の株価は13時25分現在343円(△16円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)