サカタインクが後場上げ幅を拡大、第1四半期大幅増益を好感

 サカタインクス<4633.T>が後場に入り上げ幅を拡大させている。午後1時に第1四半期(4~6月)連結決算を発表し、売上高324億7500万円(前年同期比7.6%増)、経常利益21億500万円(同30.9%増)と大幅増益となったことを好感した買いが入っている。円安に加えて、アジアを中心に印刷インキの拡販が進んだほか、徹底したコスト削減や機能性材料の復調が寄与した。
 なお、14年3月期通期業績予想は、売上高1355億円(前期比10.1%増)、経常利益76億円(同11.6%増)の従来予想を据え置いている

サカタインクの株価は13時32分現在944円(△23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)