日本道路、第2四半期予想を増額も悪地合いに軟化

 日本道路<1884.T>が堅調。この日午後1時30分に今14年3月期の第2四半期(4~9月)予想を連結売上高で当初計画の620億円から650億円(前年同期実績596億5600万円)、営業利益で2億円から10億円(同3億5800万円)へ増額修正したことが好感されている。建設事業において工事受注、消化が当初予想よりも好調に推移している。これを受けて一時、前日比31円高の620円まで上昇したが、その後は売りに押されている。

日本道路の株価は14時現在582円(▼7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)