J・TECが後場急騰、経産省公募の調査事業に同社プロジェクトが採用を好感

 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング<7774.T>が後場急騰。株価は一時、前日比6万6000円高い43万7500円まで買われている。午後2時15分頃に経済産業省が公募した2013年度の「日本の医療機器サービスの海外展開に関する調査事業(海外展開の事業性評価に向けた調査事業)」に、同社が申請したプロジェクトが採択されたと発表したことが好感されている。事業プロジェクト「中国・タイ王国における再生医療実用化プロジェクト」は、富士フイルムホールディングス<4901.T>傘下の富士フイルムの海外ネットワークの協力を得て、日本で製造販売承認を得ている自家培養表皮ならびに自家培養軟骨を、中国やタイに対して事業展開することが目的。まずは、中国で審美治療を目的とした自家培養表皮の提供を行うほか、タイでは充実したメディカルツーリズムの環境を背景に自家培養軟骨の提供を実証するとしている。

J・TECの株価は14時44分現在40万1500円(△3万円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)