石油資源が軟調、第1四半期経常利益は76.9%増

 石油資源開発<1662.T>が後場売られる。同社は7日午後2時に、14年3月期第1四半期決算を発表。売上高は601億700万円(前年同期比6.4%増)、経常利益は78億5300万円(同76.9%増)、純利益は58億6700万円(同69.0%増)となった。
 原油・天然ガスの売上高は、国産原油及びビチューメン(瀝青)、並びに天然ガスの販売数量が減少したものの、為替が大きく円安に振れたことに伴う販売価格の上昇を受けて、主にサハリン原油など買入商品原油の売上高の増加などを背景に増収増益となった。

石油資源の株価は15時00分現在4265円(▼30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)