中央化学が今3月期の第2四半期予想を下方修正

 中央化学<7895.T>はこの日、大引け後に今14年3月期の第2四半期(4~9月)予想を連結売上高で当初計画の270億円から266億6600万円(前年同期実績282億7500万円)、営業利益で0から16億4900万円の赤字(同4億5200万円)へ下方修正した。プラスチック原材料の価格は、高止まりする原油価格や円安などから、大幅に高騰し、他にも電気料金や運賃など各種料金の値上げが圧迫要因となっている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)