ドル円、売り継続か?・・・

クロス円も下落基調強め・・・
 先週の米雇用統計に端を発するドル円の下落が今日も止まらず、97円割れとなりました。既に、日足の一目均衡表上では、三役売りとなっており、このまま、下値を模索する動きが継続するものと思われます。

 一方、昨日のRBA(豪準備銀)利下げにより、材料出尽くし感から反発していた豪ドル円も再び売りに押され、既に昨日安値を下抜けていますから、此方も下落基調復活と考えられます。更に、ユーロ円も4月安値からのサポートライン、日足の一目・雲上限を次々にブレイクしており、此方も下値不安が強まっています。

 この様に、現在は円全面高の様相を見せ初めていますから、この後、イングランド銀行総裁発言等を材料に少し円安方向に戻る事があれば、ドル円、ユーロ円、豪ドル円とも戻り売りを考えたい処だと思われます。