◎欧米外為市場サマリー

 7日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=96円32~33銭と前日に比べ1円40銭強の大幅な円高・ドル安。対ユーロでは、1ユーロ=128円45~49銭と同1円50銭強の円高・ユーロ安だった。 
  東京市場で日経平均株価が大幅安となり円高が進んだ地合いを引き継ぎ、円買い・ドル売りの流れが続いた。米長期金利が2.6%前後へ低下したことを受け96円30銭台へ円高が進んだ。日銀金融政策決定会合では、追加緩和は見送られるとの観測が強まり、円は終日強含みで推移した。
 ユーロは対ドルでは1ユーロ=1.3335~36ドルと前日に比べ 0.0033ドルのユーロ高・ドル安だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)