新晃工業が急落、4~9月期最終6億2500万円に減額

 新晃工業<6458.T>が急落。同社は業務用空調機器の中堅だが、7日、13年4~9月期の連結業績予想の修正を発表した。売上高は従来予想の150億円から155億円に増額したが、営業利益は14億5000万円から10億円に、最終利益は8億5000万円から6億2500万円に減額しており、これにより最終利益は前年同期比35.3%減の大幅減益となる。これを嫌気する売りが集中した。大型開発案件が端境期となることに加え、納期の延期などが影響した。売上高については、企業買収に伴う上積みが反映されて増額となったが、需要縮小による採算低下が利益の下方修正に反映されている。

新晃工の株価は9時19分現在827円(▼94円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)