マーベラスAQLがストップ高、第2四半期予想の増額を好感

 マーベラスAQL<7844.T>がストップ高。同社は7日、大引け後に今14年3月期の第2四半期(4~6月)予想を連結売上高で当初計画の80億円から96億円(前年同期実績79億400万円)、営業利益で8億5000万円から11億1000万円(同11億500万円)へ増額修正したことが好感されている。PS VITA向けゲームソフト「ヴァルハラナイツ3」が順調な販売となっており、前期に発売したPS VITA向けゲームソフト「閃乱カグラSHINOVI VERSUSー少女達の証明ー」や「朧村正」などのリピート販売も好調に推移している。アミューズメント分野の「ポケモントレッタ」についても、引き続き順調に推移しており、ゲームソフト以外の拡大も評価される。

マーベラスの株価は9時37分現在6万7000円(△1万円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)