ルックが冴えない、13年12月期業績の上方修正も材料出尽くし感

 ルック<8029.T>が冴えない。7日の取引終了後に13年12月期業績予想を従来予想の売上高400億円、経常利益11億円から、売上高407億円(前期比9.9%増)、経常利益15億円(同29.5%減)に上方修正したが、2日に中間期業績見込みの上方修正を発表したことで上昇しており、材料出尽くし感から売り先行となっているもよう。直営店の売り上げ増加により売上高が増加することが要因としている。
 同時に発表した第2四半期累計(1~6月)連結決算は、売上高198億6200万円(前年同期比12.0%増)、経常利益9億2900万円(同7.7%減)となった。百貨店を中心に新規出店を推し進めたことが奏功し売上高は増加したが、円安による海外ブランドの輸入価格が上昇したことなどで減益を余儀なくされた。

ルックの株価は9時46分現在323円(▼7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)