バイテックが反発、第1四半期経常75%の大幅増益で第2四半期の利益予想を上方修正

 バイテック<9957.T>が反発。7日取引終了後に発表した今14年3月期の第1四半期(4~6月)の連結経常利益が75.0%増の3億1800万円と大幅増益になり、第2四半期(4~9月)の利益予想を上方修正したことが好感されている。デジタルカメラの取り扱い減少で売り上げは減少したが、車載向けICや太陽光発電関連製品など高採算の付加価値製品が伸びており、第2四半期は期初予想の売上高550億円を510億円に引き下げる一方、経常利益3億円を6億円に引き上げるなど利益予想を増額した。前年同期比較では5.5%減収ながら、経常46.3%の大幅増益になる。

バイテック10時17分現在810円(△19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)