<後場の注目銘柄>=ビットアイル、14年7月期は成長再加速へ

 ビットアイル<3811.T>は年初来安値圏での底練りが続くが、そろそろ見直しても良いころ合いだろう。

 13年7月期業績予想の下方修正や公募増資による一株利益の希薄化懸念などが株価低迷の要因だが、こうした悪材料は織り込み済みとみてよい。

 大口案件の解約や一部のインターネット系企業での伸び悩みから13年7月期業績は下方修正したが、既にスタートしている14年7月期では、成長は再び加速する可能性が大。

 企業のIT投資回復傾向で特にクラウド関連への投資が拡大しており、同社が強みを持つデータセンター利用の需要は堅調に推移していることが背景にあり、業績再加速で株価も水準訂正が期待できる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)