東電が後場急落、除染作業遅れが住民帰還の壁と報じられる

 東京電力<9501.T>が後場に入って急落。きょう昼休み時間に日本経済新聞電子版が「各市町村とも国による除染の遅れが深刻化、住民の早期帰還の壁になっている」問い報じたことで売りが優勢になった。除染を終えても放射線量が思うように下がらない地区もあると伝えており、賠償負担増が懸念されている。

東電の株価は14時14分現在616円(▼40円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)