三井金はしっかり、第1四半期純利益は4.2倍

 三井金属鉱業<5706.T>がしっかりした動き。同社は7日に、14年3月期第1四半期決算を発表。売上高は1058億600万円(前年同期比0.7%増)、営業利益は52億2700万円(同2倍)、純利益は42億600万円(同4.2倍)と大幅増益となった。
 エコカー補助金による効果が剥落し自動車関連製品での販売減少があったものの、円安効果やそれに伴うたな卸資産の在庫影響による要因などを背景に損益面で大幅増益となった。
 また、SMBC日興証券では7日付のリポートで投資判断「1」を維持、目標株価は200円を据え置いた。リポートでは「セグメント別に濃淡はあるものの、総じて会社計画通りの進捗とみて良さそうだ」としている。

三井金の株価は14時55分現在228円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)