今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 ジェルベズ久美子

今夜の注目材料は?
東京市場のドル/円相場は引き続き日経平均株価の動きに翻弄され、96.90円台まで上昇した後、96.10円台まで失速する忙しい展開となりました。
この後の値動きについて、予定されている経済イベントを確認しながら考えてみましょう。

8/8(木)
17:00 (ユーロ圏) ECB月例報告
21:30☆(米) 8/3までの週の新規失業保険申請件数
21:30 (加) 6月新築住宅価格指数
26:00 (米) 30年債(160億ドル)入札
※☆は特に注目の材料

ドル/円に直接影響する可能性があるのは米新規失業保険申請件数くらいです。ただ、ドル/円はこの指標結果を見て動くというよりは、各国株価の動きに単純に連れる展開が続くと考えられます。
株価が堅調なら戻りも有りそうですが、冴えない展開が続けば一段安となりそうです。