PGMHDの1~6月期業績、経常利益29億7900万円に増額

 PGMホールディングス<2466.T>は8日、13年1~6月期連結業績について今年2月に公表していた予想との差異(修正)を発表した。売上高(営業収益)は従来予想の359億円から361億4300万円(前年同期比4.3%増)に、経常利益は21億円から29億7900万円(同59.4%増)に上方修正している。第1四半期が好天に恵まれたことや顧客単価が下げ止まる傾向となり、売上高が予想を上回った。また、利益面では業務効率化による経費削減の推進が寄与した。ただ、経常利益は、借入金の一部期限前借り換え実施に伴い手数料が増加したことが、利益の増加幅を押さえる要因となった。なお、13年12月期通期の連結業績見通しについては従来予想からの変更はない。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)