◆8日のNY株式市場の概況 NYダウ反発、米中経済統計で投資家心理改善

 8日のNY株式市場はNYダウが4日ぶりに反発し、前日比27.65ドル高の1万5498.32ドル、ナスダック総合指数は同15.11ポイント高の3669.12と3日ぶりに反発し取引を終了した。中国の7月の貿易統計で輸出額が2カ月ぶりに増加したことや、週間の米新規失業保険申請件数が33万3000件と市場予想(33万6000件)ほどには悪化しなかったことから投資家心理が改善し買いが先行した。買い一巡後は戻り売りに押されて下げに転じる場面もみられたが、午後には持ち直した。出来高概算はニューヨーク市場が6億8938万株、ナスダック市場が16億3898万株だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)