夢の街が7日ぶり反落、立会外分売価格1042円に決定、きょう実施へ

 夢の街創造委員会<2484.T>が7日ぶりに反落。同社は今月2日に、立会外分売で3万5700株を9~16日に実施すると発表したが、分売値段は分売実施日前日の終値を基準に決定されることから株価押し上げへの思惑につながり、上昇トレンドを強めていた。同社は8日、立会外分売価格が1042円に決定し、9日に3万5700株の分売を実施することを発表、目先はこの分売価格にサヤ寄せする動きとなっている。ただ、立会外分売実施をきっかけに人気が加速した新興市場銘柄も多く、業績回復色をみせながら材料性に富む同社株への注目度は、今後必然的に高まりそうだ。

夢の街の株価は10時18分現在1043円(▼32円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)