銀座山形屋がストップ高、第1四半期営業利益は2.6倍

 銀座山形屋<8215.T>がストップ高。同社は8日大引け後に14年3月期第1四半期決算を発表。売上高は11億3800万円(前年同期比0.8%増)、営業利益は5900万円(同2.6倍)、純利益は1億500万円(同2倍)となった。
 小売事業及び受託縫製事業の受注が比較的順調に推移したことが要因にある。また、売上高の増加に伴う売上総利益の増加や、貸倒引当金戻入額2300万円や受取配当金2200万円を計上したことで、損益面で上振れた。
 なお、14年3月期通期業績について、純利益は4000万円(前期6.6倍)を見込んでいるが、すでに第1四半期で達成していることも、好材料となっている。

銀座山形屋の株価は10時29分現在120円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)