SMKが反発、初押しは買いで上昇継続

 SMK<6798.T>が反発。前日は軟調相場に流され8日ぶりの反落となったが、売買高は厚く買い向かう動きも健在だった。きょうはすかさず反発に転じ、初押しは買いのセオリーが生きている。スマートフォンやタブレット端末の普及加速に伴い同社が手掛けるタッチパネルも大きな恩恵を享受。14年3月期の最終利益予想は14億円から20億円(同1億9800万円の赤字)に大幅増額しており、これが買い人気の底流を支える。また、入力に際して近接センサー機能の付いた抵抗式タッチパネルを商品化、拡販活動を開始しておりこれも材料性を内包している。

SMKの株価は11時30分現在370円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)