Sタカミヤが後場急伸、14年3月期業績予想の上方修正を好感

 エスアールジータカミヤ<2445.T>が後場急伸。前引け後に、14年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高292億円、経常利益16億5000万円から、売上高300億1000万円(前期比6.7%増)、経常利益21億円(同35.2%増)に上方修正したことが好感されている。首都圏・東北を中心に足場部材などの主力商品が想定を上回ったほか、太陽光パネル架台の販売が好調に推移したことが要因。また、レンタル事業で復興需要と維持改修工事などへの機材出荷が計画を上回っていることも貢献した。
 同時に発表した第1四半期(4~6月)連結業績は売上高68億7600万円(前年同期比14.2%増)、経常利益4億1500万円(前年同期100万円の赤字)と経常損益が黒字転換した。

SRGタカミヤの株価は13時18分現在764円(△29円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)