豆蔵HDが大幅続落、第1四半期減収減益を嫌気

 豆蔵ホールディングス<3756.T>が大幅続落。8日引け後に発表した第1四半期(4~6月)連結決算が売上高20億9200万円(前年同期比6.6%減)、経常利益1億1400万円(同23.8%減)と減収減益となったことが嫌気されている。主力の情報サービス事業で特にクラウド化などへの対応を図る基幹システム再構築案件は堅調に推移しているものの、前年同期に大型開発の納品があった反動があったことに加えて、販管費の増加や持分法投資損失の増加などが経常利益を押し下げた。これまで成長イメージが強かっただけに、業績悪化がネガティブ視されたようだ。
 なお、14年3月期通期業績予想は売上高100億エ円(前期比6.3%増)、経常利益9億2000万円(同1.0%減)の従来予想を据え置いている。

豆蔵HDの株価は14時11分現在6万8100円(▼1万1200円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)