<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」2位にディーエヌエ

 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の9日14時現在で、ディー・エヌ・エー<2432.T>が「売り予想数上昇」で2位となっている。

 この日は反発し2000円台を回復した。8日引け後に発表した第1四半期(4~6月)で、営業利益が169億9100万円(前年同期比7.6%減)となり、減益ながら市場予想の170億円に近い水準で着地したことで安心感が広がったようだ。利用者がゲーム内で使用する仮想通貨「モバコイン」の消費が米国などを中心に伸び、売上高は521億5800万円(同9.6%増)と増収となったが、交流サイトでは大型ゲームタイトルに乏しく、また、コイン消費拡大に伴う代金回収代行手数料や減価償却費の増加などが利益を圧迫したという。
 第1四半期業績はほぼ計画通りだったが、第2四半期累計(4~9月)業績予想は売上高1031億円(前年同期比5.3%増)、営業利益337億円(同13.1%増)の2ケタ減益を見込んでいる。悪材料は株価に相当織り込んではいるものの、内製・協業タイトルのヒット作不在の状況が続いているだけに、株価上昇による利益確定売りを急ぐ動きが強まる動きが懸念され、売り予想数の上昇にもつながっているようだ。

ディーエヌエの株価は14時58分現在2062円(△203円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)