高橋ウォールが1~6月期の業績修正を発表、営業損益を6000万円に増額

 ビル外壁用カーテンウォール大手の高橋カーテンウォール工業<1994.T>は、9日引け後に13年12月期第2四半期累計(1~6月)の連結業績予想の修正を発表した。従来予想の売上高24億円を18億7000万円(前年同期比32.8%減)へ下方修正したものの、営業損益を3000万円の黒字から6000万円の黒字(前年同期は2億1800万円の赤字)へ上方修正。さらに最終損益を6000万円の赤字予想から1億1000万円の黒字(同1億8500万円の赤字)へと増額した。
 売上高は一部第2四半期に見込んでいた工事の完成が遅れることなどにより、下方修正となる見込みだが、損益面ではコストダウン効果と比較的利益率の高い工事が第2四半期に売上計上されたことが寄与する。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)