佐藤渡辺の第1四半期は労務費の高止まりや建設資材高騰で赤字幅拡大

 佐藤渡辺<1807.T>が9日取引終了後に発表した今14年3月期第1四半期(4~6月)決算の連結売上高は前年同期比8.4%減の62億3100万円と減収、営業損失1億7800万円(前年同期1億4700万円の損失)と赤字幅が拡大した。人手不足による労務費の高止まりや建設資材価格の高騰が圧迫要因になった。通期の売上高は前期比8.9%減の370億円、営業利益56.4%減の7億8000万円と期初予想を据え置いた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)