マクドナルドが反落、今12月期予想の下方修正を嫌気

 日本マクドナルドホールディングス<2702.T>が反落。9日大引け後に、今13年12月期の通期予想を連結売上高で当初計画の2695億円から2650億円(前期比10.1%減)、営業利益で252億円から200億円(同19.3%減)へ下方修正したことが嫌気されている。6月以降展開している「“BITE!”クォーターパウンダー」プロジェクトが成功を収めた一方で、プロモーションの一部が客数ターゲットを下回っていることが要因。同時に発表した7月の月次売上高も、全店ベースでは前年同月比0.8%減、既存店で同2.7%減となっている。前年同月に比べて土日休日が1日少ないことが要因。

マクドナルドの株価は9時54分現在2712円(▼52円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)