コメ兵が5日続落、4~9月期業績予想増額や千趣会との提携にも反応薄

 コメ兵<2780.T>が大幅安で5日続落。同社が9日発表した13年4~9月期の連結業績予想の修正で、売上高は従来予想の170億4900万円から175億7000万円(前年同期比16.1%増)に、営業利益は7億500万円から8億5600万円(同72.2%増)に、最終利益は4億1300万円から5億100万円(同80.9%増)にそれぞれ増額された。個人買い取りや店頭、ウェブ、オークションなどの売上高が好調に推移し収益を押し上げている。ただ、足もとの業績好調は6月中旬以降の戻り相場で織り込みが進んでおり、目先材料出尽くしとみた売りがかさんでいる。また、同社は業績の上方修正発表と併せ、千趣会<8165.T>と業務提携し、千趣会が手掛ける通信販売において「ベルメゾン会員向け買い取りサービス」にかかわる企画運営などで同社が協力することも発表したが、通期業績に与える影響は軽微とみられ、株価の反応は薄い。

コメ兵の株価は9時55分現在1461円(▼132円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)