新日理化が続急伸、仕手性が再度開花の兆し

 新日本理化<4406.T>が続急伸、前週末に東証1部の値上がりトップに買われたが、きょうもその余勢を駆って上値追い継続、仕手系材料株として面目躍如の展開となっている。2011年11月、仕手集団による買い攻勢が取り沙汰されるなかで株価は200円未満から1200円台までの暴騰を演じたが、その時も東証と大証統合を先取りして、TOPIX新規組み入れに伴う思惑が底流していた。「当時を理想買いとするならば、今回は現実買いのステージ」(中堅証券)とも定義できる。過去の高値実績が今の買い人気を増幅させている。

新日理化の株価は12時55分現在364円(△26円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)