石原産業が高い、今期3億円の経常黒字へ修正

 石原産業<4028.T>が高い。きょう午後1時30分に発表した14年3月期第1四半期(4~6月)決算は赤字に転落したが、通期の営業、経常損益予想を上方修正したことが好感されている。第1四半期は主力の酸化チタンの市況低迷で赤字に陥り、シンガポールの関連会社清算に伴う特別損失を計上したことで最終赤字が大きく広がったが、通期は期初予想の連結売上高1130億円を1080億円に引き下げる一方、営業損益が33億円の赤字から19億円の黒字、経常損益は58億円の赤字を3億円の黒字へ引き上げた。酸化チタンが国内向けを中心に持ち直しており、農薬が堅調に推移しているため。最終損益は第1四半期に関連会社の整理損を計上したことで期初予想よりも損失幅が拡大する。

石原産の株価は14時31分現在76円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)