黒田精が大幅4日続落、第1四半期赤字転落を嫌気

 黒田精工<7726.T>が大幅4日続落。前週末9日引け後に発表した第1四半期(4~6月)連結決算が、売上高25億9900万円(前年同期比4.8%増)、経常利益9100万円の赤字(前年同期6200万円の黒字)と経常赤字に転落したことを嫌気している。前期に英AIP社を買収した効果で売上高が膨らんだが、半導体・液晶市場の低迷を受けて単体売上高が減少したことに加えて、持ち分法投資利益が減少したことから赤字を余儀なくされた。
 なお、14年3月期通期業績予想は売上高130億5000万円(前期比23.6%増)、経常利益6億円(同2.5倍)の従来予想を据え置いているが、第1四半期の状況から未達懸念も生じているようだ。

黒田精の株価は15時現在186円(▼17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)