太洋物産は第3四半期黒字転換し通期利益予想を上方修正

 太洋物産<9941.T>が12日取引終了後に発表した今13年9月期第3四半期(10~6月)決算の売上高は前年同期比2.8%減の146億6800万円と減収ながら、経常利益2億4500万円(前年同期2億1800万円の損失)になるなど、営業から最終段階まで黒字転換した。主要商材の鶏肉の円高傾向時の仕入商品販売により、子会社清算に伴う特別損失を計上したうえで業績が大きく改善した。通期は前回予想の売上高229億1400万円を200万円へ引き下げる一方、経常利益1億2100万円を2億2000万円に引き上げるなど利益予想を上方修正した。販売管理費、営業外費用の削減効果で利益が計画を上振れる見込み。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)