JBRが13年9月期業績予想を上方修正、バイノス好調などが寄与

 ジャパンベストレスキューシステム<2453.T>がこの日の取引終了後、13年9月期の連結業績見通しを従来予想の売上高86億8100万円、経常利益6億3800万円から、売上高104億100万円(前期比39.8%増)、経常利益7億4100万円(同36.2%増)に上方修正した。主力の会員事業の「学生生活110番」や「安心入居サポート」の新規会員数が増加し予想を上回る売り上げとなったほか、子会社バイノスを通じて展開している、放射性物質の除染作業に利用される「バイノス」が計画を上回り順調なことが要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)