木村化工機の第1四半期は経常86%の大幅減益に

 木村化工機<6378.T>が12日取引終了後に発表した今14年3月期第1四半期(4~6月)決算の連結売上高は前年同期比11.1%減の38億1300万円と2ケタ減収で、経常利益86.0%減の3100万円と大幅減益になった。エンジニアリングと原子力関連機器を中心にしたエネルギー・環境事業が大幅減収で営業赤字に陥り、業績が大きく悪化した。通期の売上高は前期比4.3%減の176億4000万円、経常利益は同44.5%減の5億4000万円と期初予想を据え置いたが、第1四半期の利益が計画を下回っており、通期見通しについては現在精査中としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)