三角保ち合いの下放れからボックス相場へ

当面方向性の定まらない展開へ
 先週の予測では、5月23日の15942円を高値、6月13日の12415円を安値とする三角保ち合いの形が出来上がり、8月1日に14005円で買転換が出現したことで14000~14500円のもみあい(煮詰まり)のあと、悪材料が出なければ上放れとなる可能性としました。
 しかし、アメリカで2人の地区連銀総裁が量的緩和策の縮小は9月の可能性を言及したことで、金融緩和の方向性が不透明となって円高が進行し、日経平均は前週比▼850の13615円となりました。ただし、大きく下げるほどの悪材料ではありませんでしたが、7日(水)は週末9日(金)のSQに絡んで薄商いの中を先物主導で▼576の13824円の急落となりました。そして8日(木)も▼219の13605円となって柴田罫線では売転換出現となり、想定とは逆に三角保ち合いの下放れの形となりました。
 今週は、日本もお盆休みに入りますます市場参加者が減少し材料難で方向性を欠く中、先物主導での展開となりそうです。材料が少ないために円の動きを材料として日経平均が動いており、為替に注目となります。目先の下値は13300円、その下は13000円水準(柴田罫線では13245円)となります。上値を試すためには、まず早い段階で8月SQ値13640円をクリアーできれば14000円となります。
 週明け12日(月)は、薄商いのなか寄前のGDPが予想を下回ったことで▼185の13430円まで下げるものの、前引け後に急速に先物主導で買い戻しが入り13658円まで上昇しました。しかし、後場には再び売られて▼95の13519円で引けました。

----------------出島昇の新著およびネットセミナーの案内-----------------

■ 出島昇の投資実践・アドバイス暦15年の集大成 12日(月)本日全国発売 ■
- 出島昇の永遠のテーマ「安く買って高く売る」をいかに実現するか! -

周りの強気のムードに乗って買ったとたんに急落。せっかく大きく上昇して儲けているのにフイにした経験がどなたにもあるでしょう。先のことは誰にもわかりません。
しかし、高値圏で過熱化している状況や急落する場面は、注意深くチェックしておけば誰にでもわかります。中期トレンド(チャート式柴田罫線でみる)で「安く買って高く売る」を実現するのは難しくありません。
それをはばむのは「人間の欲と恐怖」ですが、「待つ」ということができるなら、株式投資での資産形成の道が開けます。株式投資は何倍化する銘柄を探して一獲千金を狙うというものになりがちですが、そのような投資方法は最終的にすべての資金をなくすというのが相場の世界の厳しい現実です。
勝つ確率が高い時のみ投資をするという方法を身につけましょう。そうでない場合の投資は必ず損切りポイントを設定して投資することになります。

黄金袋とじ厳選30銘柄(ID・パスワード付)
袋とじ銘柄というと、大化け株銘柄アリとうたって当たりくじのようなものですが、今回の銘柄は中長期上昇トレンドに乗るテーマ性のある銘柄を選んでおります。これらの銘柄の中で全体相場の動きを見ながら勝てる確率が高い時のみ買いを推奨するのが基本です。つまり、上昇相場でも大きな上下動を繰り返しながら上昇していくものですから、その上下動を着実にとっていくということになります。
柴田罫線による1~2ヶ月の投資期間、総合テクニカル分析による主席アナリスト宝徳の数日~1ヶ月の投資期間を前提の推奨となります。

■【 新著ご案内 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本のタイトル【 シンプルに儲ける50代からの株式投資 】

楽天ブックス
http://books.rakuten.co.jp/rb/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AB%E3%81%AB%E5%84%B2%E3%81%91%E3%82%8B50%E4%BB%A3%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E6%8A%95%E8%B3%87-%E5%87%BA%E5%B3%B6%E6%98%87-9784862042514/item/12326160/

9月4日(水)午後7時30分より楽天証券で出島昇のネットセミナーを行います。お申込は楽天証券へ