ニプロが軟調、最終7割増益も営業減益を嫌気

 ニプロ<8086.T>が軟調。同社は12日、13年4~6月期の連結決算を発表、売上高は前年同期比19.8%増の700億9300万円、最終利益が同68.9%増の24億4100万円と大幅な伸びを示した。人工透析器の販売が海外で好調だったほか、国内の後発医薬品事業も国策の後押しがきいて好調に推移した。また為替の円高修正に伴う差益も寄与している。ただ、営業利益段階では販管費の増加により同27%減益の25億3400万円と低調だったこともあり、株価は売りが先行する形となった。

ニプロの株価は9時12分現在925円(▼31円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)