アベノミクス再燃か?!

マーケットコンディション
昨日は、方向感のない中、アジア時間は買戻し先行。
96.30円で始まったドル円は96円の後半まで買われる展開となる。
NY時間96円半ばまで押す場面も見られたが、安倍総理が法人税引下げ
を示唆したことや、消費税引き上げ等、アベノミクス再燃期待で反発。
日経平均先物・NYダウの上昇も要因として、96.97円近辺の高値を付ける。
本日のオープン後は、97円を突破して推移。
アベノミクス再燃か?!
法人税引き下げ示唆や、GDP速報値による消費税引き上げ期待などで、
金融市場は、アベノミクスの再燃期待が膨らんでいる。
ドル円の上昇要因が薄れる中、半信半疑の動きのようにも思われる。
ただ、マーケットは、噂から化けることもあり、軽視はできない。
しかし、値位置が完全に上昇トレンドと判断するまでは、方向転換は無。
☆戦略
売り方針
(戻り待ち)

ポイントレベル

103.73(5/22の高値)
102.50(5/24・5/28・5/29の高値50アラウンド)
101.87(93.79-98.68-96.96:エクスパンション100%戻し)
101.27(7/8の高値)
100.86(7/19の高値)
100.60(7/22の高値)
100.00
99.15(8/5の高値)
98.58(8/6の高値)
97.80(8/7の高値)

-------------------------------------------------------

95.79(8/8の安値)
95.58(7/8H101.53-7/11L98.27-/19H100.86の161.8%)
93.79(6/13の安値)

注)本日の予想は8月13日9:45に寄稿したものです。
また、上記レートは弊社外貨exの提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。