アンジェスMGがS安、転移性メラノーマ治療薬の開発終了意向を嫌気

 アンジェス MG<4563.T>がストップ安ウリ気配。12日大引け後に提携先である米国Vical社が実施した転移性メラノーマ治療薬Allovectinの第3相臨床試験の結果を発表、主要評価項目である奏効率と副次評価項目である全生存期間のいずれにおいても統計学的に有意な改善効果が示されなかったことを嫌気している。Vical社CEOのサマント氏は開発を終了する意向を示している。

アンジェスMGの株価は9時36分現在9万5600円(▼3万円)ウリ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)