タカラバイオが急落、公募増資・売り出しによる希薄化を懸念

 タカラバイオ<4974.T>が急落。朝方から売り気配を切り下げ、9時20分過ぎに前日比320円安の1815円で寄り付いた。12日に公募増資と売り出しを発表しており1株当たり利益の希薄化と株式需給悪化を懸念した売り物が膨らんだ。ただ、売り一巡後は値を戻す動きも見せている。
 600万株の公募増資と宝ホールディングスを売出人とする500万株の売り出し、上限165万株のオーバーアロットメントによる売り出しを実施する。増資に伴う調達金額は約130億円で設備投資と研究開発費に充当する。発行・売り出し価格は20日から23日のいずれかの日に決定する。

タカラバイオの株価は9時52分現在1985円(▼150円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)