TOTOが高い、急騰後マド埋め拒否の強調相場続く

 TOTO<5332.T>が高い。株価は8月1日に14年3月期業績の上方修正を好感する形でマドを開けて急騰を演じたが、その後も断続的に買いを集め、マド埋め拒否の強い足を見せつけている。
 アベノミクス効果や消費税増税前の駆け込み需要を背景に住宅市況が回復しており、同社はその好環境を享受する形でトイレ、衛生陶器の需要を取り込んでいる。新商品投入が功を奏し、国内住設事業は新築・リモデルともに急速に利益を伸ばしていることから通期増額修正につながったが、政策の推進で個人消費が刺激されれば、さらなる上乗せも視野に入りそうだ。一方、同社は今年12月20日までの期限で自己株式を除く発行済株式数の5.8%に相当する2000万株を上限とする自社株買い実施を既に発表しており、株式需給面からの上値期待も強い。

TOTOの株価は12時44分現在1183円(△54円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)