千趣会が切り返す、今12月期営業9割増益で見直し買い

 千趣会<8165.T>が切り返し急。「ベルメゾン」を展開で知られる女性向け衣料品や雑貨などカタログ通販の大手だが、今12月期は、カタログ通販は横ばいながら、ネット経由の販売が伸びており、ブライダル事業も好調で営業利益は前期比9割増益の40億円を見込むなど業績回復色が鮮明だ。脱デフレを主眼とした国策による景気回復への流れが個人消費を喚起、収益環境の風向きは順風だ。年間配当も前期の20円から今期は24円に4円増配の見込み。PER12倍弱、PBR0.8倍台は指標面からも割安顕著、ブランド品の中古販売を手掛けるコメ兵<2780.T>との業務提携も株価を刺激している。

千趣会の株価は15時00分現在876円(△21円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)