◎欧米外為市場サマリー

 13日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=98円19~20銭と前日に比べ1円20銭強の円安・ドル高。対ユーロでは、1ユーロ=130円20~24銭と同1円30銭強の円安・ユーロ高だった。 
 この日発表された米・7月小売売上高は前月比0.2%増と市場予想(0.3%増)を下回ったものの、自動車・同部品を除く数字は0.5%増と堅調だったことから、ドル買い・円売りが先行し一時、98円34銭までドルは上昇した。その後、利益確定の円買い戻しも流入したが、日本の法人税率引き下げの検討に関する報道もあり円売り・ドル買いの勢いは強く98円前半での取引が続いた。
 ユーロは対ドルでは1ユーロ=1.3261~62ドルと前日に比べ 0.0036ドルのユーロ安・ドル高だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)