サンケン電が大幅続伸、長短移動平均のGC示現で上昇本格化

 サンケン電気<6707.T>が大幅続伸。8月初旬に5日・25日移動平均線がゴールデンクロスを示現、これに合わせて株価は急速に上放れた。市場の注目度の高さは増勢を強める売買高にも反映されている。同社は半導体素子を主力に、電源分野では国内で首位を争う実績を擁するが、LED照明関連の伸びに加え、通信基地局向けのパワーシステムなど企業の設備投資意欲回復の流れの中で業績回復色が強まっている。同社の13年4~6月期連結決算は、営業利益が11億4700万円と前年同期比2.72倍の急回復をみせている。売上高の過半を輸出で稼いでおり足もと為替が円安傾向に振れていることも追い風だ。

サンケン電の株価は10時41分現在563円(△38円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)