イオンがしっかり、金融事業拡大報道が買い手掛かり

 イオン<8267.T>がしっかり。株価は、ここ高値圏でもみ合いを続けているが、じわり4月12日につけた年初来高値1441円をうかがう展開。14日付の日本経済新聞が「金融部門営業益が最高に」と報じたことが買い手掛かりになった。流通や自動車、電機といった事業会社で、金融事業の存在感が高まっており、個人消費の拡大を背景にクレジットカードや住宅ローンなどの利用が増えていると伝えている。

イオンの株価は10時45分現在1414円(△16円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)