日基技が急伸、第1四半期は最終黒字転換

 日本基礎技術<1914.T>が急伸。同社は14日午前11時に、14年3月期第1四半期(4~6月)決算を発表。売上高は37億900万円(前年同期比10.8%減)となったものの、経常損益は3300万円の黒字(前年同期は1億3200万円の赤字)へ、純損益は1100万円の黒字(前年同期は1億2800万円の赤字)に転換した。
 新中期3カ年計画の最大のテーマである、受注の拡大と収益力の改善を目標として、具体的施策(1)「選択と集中による受注拡大」(2)「収益力の向上」(3)「事業領域の拡大」に注力したことで、純損益では黒字転換した。
 なお、14年3月期通期業績予想について、売上高は215億円(前期比25.7%増)、経常利益は2億3000万円(同72.4%増)、純利益は1億6000万円(同12.3倍)を据え置いている。

日基技の株価は12時41分現在342円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)