アエリアが軟調、今12月期は計画大きく下回り赤字に転落

 アエリア<3758.T>が軟調。13日取引終了後に発表した今13年12月期の第2四半期(1~6月)決算が計画を大きく下回り、87%の大幅減収で営業から最終段階まで赤字に転落し、通期業績予想を下方修正したことが嫌気されている。通期は前回予想の連結売上高17億円を14億4000万円、経常利益1億2000万円を2億6000万円の損失に引き下げるなど全段階赤字を予想。主軸のオンラインゲームの新規タイトルのリリースが遅れ売り上げが計画を下回り、開発費や広告宣伝費負担増、持分法投資損失や貸倒引当金を計上することも利益を圧迫する。決算と併せて発行済株式総数の22%にあたる150万株の自社株を消却すると発表したが反応は鈍い。

アエリアの株価は13時3分現在900円(▼39円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)