<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」3位にニコン

 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の14日午前11時現在で、ニコン<7731.T>が「買い予想数上昇」で3位となっている。

 14日の東京株式市場でニコンの株価は、朝高後値を消す展開。寄り付き直後には、前日比7円高の1696円まで買い進まれる場面があったものの、その後は再び売りが優勢となってる。
 同社は8日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高1兆1100億円、経常利益850億円から、売上高1兆400億円(前期比2.9%増)、経常利益630億円(同30.3%増)に下方修正した。これを受けて先週末9日、週明けの12日と大幅続落し、その後も年初来安値圏での推移となっている。
 なお、メリルリンチ日本証券は13日付のリポートで、ニコンの投資判断を従来の「買い」から「中立」へ、目標株価を2600円から1800円にそれぞれ引き下げた。
 リポートでは引き下げの背景として「(1)キヤノン<7751.T>の戦略転換(価格攻勢)によるDSLR (デジタル一眼レフカメラ)競争環境の激化、(2)コンパクト、ミラーレスの売り上げ減、(3)ニコンの14年3月期会社計画の再下方修正リスク」を挙げている。

ニコンの株価は13時00分現在1679円(▼10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)