マクドナルドが3日続落、三菱UFJMSは投資判断を引き下げ

 日本マクドナルドホールディングス<2702.T>が3日続落。この日は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を「ニュートラル」から「アンダーパフォーム」とし、目標株価を2000円から1800円に引き下げたことが観測されている。9日に発表した第2四半期(1~6月)決算を踏まえて、13年12月期の同証券予想の営業利益を232億円から190億円(会社計画200億円)に減額したことが要因。既存店売上高の前提を前期比2%減から同4%減としたことと、食材コスト増を織り込んだという。

マクドナルドの株価は13時15分現在2603円(▼80円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)